もう一度君に、プロポーズ ドラマ最終話 竹野内豊 和久井映見主演ネタあらすじ [もう一度君にプロポーズ]

もう一度君に、プロポーズ ドラマ最終話 竹野内豊 和久井映見主演ネタあらすじ 6月22日放送


波留(竹野内豊)の父太助(小野寺昭)が亡くなった。

takenoutiyutaka.jpg


太助はその時が来たら連絡する人たちのメモを残していた。  そのメモの中に波留の知らない名前があった。

西園晶子(朝加真由美)と言う女性だった。 

その女性は太助へ手紙を出していた。 その手紙を波留が見つけ読み 彼女が波留の母親と知る。

西岡晶子は波留と会うことになる。

波留と昌子はお互いに話しをし 感謝する。 波留は本当の母親に又来てほしいと言う。

そして別れ際握手をするのだった。

可南子(和久井映見)は太助がなくなっても気丈にしている波留をみて 自分にも出来ること

波留のささえになりたいと思うのだった。

そして自分も 自分のなくした記憶にちゃんと向いあおうと決意するのだ。


wakuiemi.jpg



裕樹(山本裕典)は 少しずつ波留への気持ちが変化していった。

太助の葬儀での 波留を見ていて 特にそう思った。 そして自分自身もある決断をする。

ミズシマオートでは桂(倉科カナ)の成長が著しい

波留に一番弟子と言われてから 仕事への意欲が出る。 早く一人前になるために新しい修理依頼を自分にやらせてほしいと申し出る。

波留と可南子の離婚届けは今だにそのままだった。 

可南子は自分の日記をもって帰り 一晩中読み返す。

ちゃんと昔の自分と向かいあった。
涙が出て仕方なかった。

初めのところへ戻って見た。 波留と出会ったところ そして結婚式をあげた教会。

波留はもう一度可南子と始めたい気持ちで 結婚指輪を持ち 可南子の家へ行くが

可南子の母親に 初めのところへ行ったと告げられ 追いかける。

あの桜の下 そして教会へ

教会で眠っていた可南子と会う。

可南子は 日記を読んで 波留と暮らしていた自分がとても幸せだったと波留に告げる。

100%の旦那ではないが 可南子は幸せだったと だからすこしづつ 記憶を戻すために 最初からたどりたいと

波留は 可南子に 

5年先も 10年先ももっと先までも 可南子と夫婦でいてくれますか? と可南子に問う

可南子は はい と答え  波留は結婚指輪を可南子の指にはめる。

始まりの教会で再び 始まった二人は抱き合うのだった。

そして 6年後 海で楽しそうに戯れている 波留と可南子のそばに 男の子が いた。









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0


【世界最新】新左一軸ゴルフ上達プログラム!

【ゴルフ】トッププロ横田真一の「バンカー、アプローチが100倍上手くなる方法」


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます